独学で作るチラシ作成。初心者でデザイン作成・チラシを印刷しようとする方を応援します!
アドビイラストレーターの使い方 手作りチラシ
トップページ>>●チラシ作成においてよくある<DTP完全データ入稿>の注意事項

チラシ作成においてよくある<DTP完全データ入稿>の注意事項(イラストレーター・フォトショップ)


チラシ作成において、1番(?)重要なものが、印刷会社への完全データ入稿です。どんなに上手いチラシでも下手なチラシでも、DTPルールを守らないとエラーで印刷ができない(もしくは修正代を取られる)場合がございます。今回は基本的にウィンドウズ版のアドビ イラストレーター、アドビ フォトショップを使った場合を想定して、良くある注意事項をまとめてみました。様々な印刷会社のHPを参考にしていますので多少の矛盾点もございますが 、参考程度にお読み下さいませ。独学でチラシ作成方法を勉強しているプロ以外の方には十分な内容だと思います。


■CMYKとRGBについて

色の表現方法にはRGB(光の三原色)とCMYK(色の三原色)があり、モニターはRGBで、印刷はCMYKです。RGBの方CMYKより色再現域が広いので、モニター上ではCMYKの色を再現できますが、印刷ではRGBの色を再現できない部分があります。彩度の高い鮮やかな色(特に空や海などの鮮やかなブルー)や蛍光色のような色は彩度が落ちた濁った色になります。
 
通常はフォトショップなどの画像修正ソフトでCMYKに変換後、トーンカーブ等で色調補正を行っていますが、全てにおいて補正が必要なわけではありません。



<イラストレーターについて>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ トンボを入れて下さい。

1 ・断ち落しが必要なデザインの場合、断ち落し分として3mmの塗り足しを取って下さい。仕上げの断裁時に必要になります。
2 ・4色カラーの場合、トンボはC100 M100 Y100 K100で制作。
3 ・トンボは、「フィルター」→「クリエイト」→「トリムマーク」で制作して下さい。
4 ・太さは0.2ptか0.25ptで指定してください。一般的には0.3ptから安全ラインのようです。
5 ・1色印刷の場合、トンボの色はCMYKのいずれか1色(100%)で制作して下さい。

■1色印刷の場合はCMYKのいずれかの1色にて制作して下さい。

■ 文字データーはアウトライン化して下さい。

全てアウトライン処理を行って下さい。
アウトライン処理を忘れた場合、再入稿して頂かないと作業が進行できません。
アウトライン処理されていないデータを弊社で開いた際、書体が変わることがあります。
極端に小さい文字や、白抜き文字はキレイに印刷されないことがあります。
多色かけ合わせでの白ヌキ文字の場合6pt 以下は避けた方が無難です。

■ 罫線は「塗り」をなしに、「線」に着色して下さい。

・罫線指示が「塗り」だけで設定されていると、モニターやプリンターでは表示されますが、印刷では反映されません。
・線幅は、0.2pt以上で設定して下さい。最小単位は印刷会社によりまちまち(最低0.2pt〜0.3pt)
・線抜けが原因で再印刷の料金はお客様の負担となりますので、データー作成上で必ず留意して下さい。
・平網ベタや写真の上に細い白ヌキ罫を使用すると、線がつぶれることがあります。
 ※例えば罫線の線幅が1ptだったら印刷されますが、それ自体に縮小をかけたり、
  他のソフトに貼り込む時に縮小したりした場合は、線の太さが細くなりつぶれることがあります。
・ソフトにもよりますが「極細」「ヘアライン」と書かれている設定は印刷すると線がつぶれることがあります

■グラデーション
イラストレータでの複雑すぎるグラデーションはトラブルの原因となる場合があります。
イラストレータで作成した複雑なグラデーションは、出来るだけフォトショップデータに変換してください。

■ 4色総ベタは使用しないで下さい。
4色総ベタは裏写りやトラブルの原因になります。
締まった墨を表現されたい時は、K100%+C40%に設定して下さい。
さらに深い墨を表現されたい時は、これにY40% M40%を足して下さい。

■大型オフセット出力A1、B2 など
基本的には他の原稿と作成方法は同じです。但し、配置画像は解像度 200dpi 程度にしてください。
大きすぎるデータは正しく出力されない場合があります。
原稿は、実寸で作成してください。

<フォトショップについて>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 写真データーも必ず添付して下さい。(同一フォルダニ入れる事を推奨します)

■ 写真データーは、ラスタライズではなくリンクで配置して下さい。
 ラスタライズはデータが重くなり、エラーの原因となります。
埋め込み(ラスタライズ)の場合、作業に時間がかかります。
埋め込まれた画像の訂正・修正はお受けできません。
画像を配置する時はリンクボックスをチェックして下さい。

■ 保存形式はEPS・写真画像を含めて保存して下さい。

<画像について>
*CMYK モード( 350dpi )、グレースケール( 350dpi )、またはモノクロ 2 階調( 1000dpi )で作成してください。
*RGB モードを使用されますと、印刷時に色調が変わりますのでご注意ください。

保存形式は 『Photoshop EPS』 にして下さい。

 プレビュー : Macintosh 8-bit/pixels
 エンコーディング : バイナリ
 ハ−フトーンスクリーン・・・などは使用しないで下さい。

■ RGBデーターは出力できません。必ずCMYKに変換して下さい。

・解像度の低い画像データは、印刷時に画像が粗くなります。
・解像度72dpiは、モニタプレビューにおける標準解像度であり、モニタ上では画像が綺麗に見えますが、
 印刷の際は粗くなった状態になります。
・もともと解像度の低いデータを、修正して高解像度にすることは出来ません。

■ファイルについて(重要)

・ファイル名、フォルダ名は半角31文字以上は付けないでください。全角文字は使用しないでください。
・ファイル名、フォルダ名として使用できない文字 \、 /、 ;、 :、 *、 ?、 "、 <、 >、 |、・ 、  (スペース)
 その他の記号も基本的には使用しないでください。
・フォルダ、ファイル名ともに短いほどエラーが少なくなります。
・画像データ、イラレデータをできるだけ同一ファイル内に保存し、なるべくフォルダ内に別の階層フォルダを作らない。

< その他>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ バックアップを必ず取って下さい。
お預かりしたメディアは丁寧に取扱い致しますが、予期せぬデータークラッシュが発生した場合の責任は負いかねます。

■ 不必要なデーターは添付しないで下さい。
製作途中に別名保存された不完全データーや他の作品のデーター等が入っているとトラブルの原因になります。

■ トラブル防止の為、出力見本を付けて下さい。

■データと一緒に出力見本もお送りください。


<よくあるバージョンの注意事項>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その他ここに掲載していない事例でも、バージョン10までが一般的で、ほとんどの場合、9、10、CS等で制作したデータは、保存段階でバージョン8を指定する印刷会社が多い状況でした。・・・・・・・下記を参考にしてください。

(印刷会社 その1)

フォトショップ・イラストレータ8.0まで(発注書にバージョンを明記して下さい)
※イラストレータ8.0以降の9/10の場合は、バージョンを落として保存して下さい。9.0以降の新機能で透明化機能がありますが9/10での出力エラーはこの機能を使用したものに多いように思われます。透明効果はフォトショップ上で画像として処理しください。
バージョン9/10で透明化機能を使用している場合の出力では正しく出力されない場合があります。100%の保証はできませんので予めご了承下さい。

(印刷会社 その2)

・下記バージョンにてデータ入稿してください
MAC Illustrator(5.5J・8.0J)
WIN Illustrator(8.0J)(MAC用に変換出来る事。)
WIN Word・Excel
    写真はRGBになり少々色見は変わります。

(印刷会社 その3)

※※※ 「Adobe Illustlator TM」でデータを作成する場合、5.5J〜8.0Jには完全対応しております。
しかし、9.0J〜現行10.0Jのバージョンでは、弊社では取扱いが困難なことがあります。
9.0J〜現行の10.0Jの場合は事前にご相談ください。

(印刷会社 その4)
Adobeイラストレーターの場合では、アートワークで表示されるデータが全てと言っても過言ではありません。アートワーク表示しながら作成して頂くと、より完璧なデータを作成して頂けると思います。
また当ショップではAdobeイラストレーターのバージョン8.0を使用しております。
8.0用かそれ以下のバージョン用で保存して下さい。




※バージョン8.0が非常に目立っていますが、特にこのバージョンがおすすめ?という訳ではございません。念のため。(購入価格が安いのでしたら、もちろん買いですよ!)


今回はこのへんで。


B4チラシを作る!白紙から完成まで DVDライブ講座






トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Cheap Nike Free Run   2014年04月05日 23:16
Amazing story, I am ●チラシ作成においてよくある<DTP完全データ入稿>の注意事項:独学で作るチラシ作成。初心者でデザイン作成・チラシを印刷しようとする方を応援します! ordinary visitor to your site from this homepage, keep up the favorable perform the job, and so i would be a usual tourist for Cheap Nike Free Run a long time.
2. Nike Air Max 1   2014年08月18日 19:23
Hi there, just became aware of your blog through Google, and found that it is truly informative. I’m going to watch out for brussels. I will be grateful if you continue this in future. A lot of people will be benefited from your writing. Cheers!
Nike Air Max 1 http://www.tnsi.com/services.aspx
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site